DESIGN建物デザイン

神戸の原風景としての
自然の美しさを織り込んで。

Design Concept

山と海に抱かれ、
自然と調和する佇まい。

外観および共用部のデザインを監修したのは、摩耶シティの総合デザインを手がける建築家の光井純氏。すでに竣工済の4つのプロジェクトでは、街並みの統一感を保ちながら敷地特性に応じた個性ある建築デザインを展開してきました。「摩耶シティSTATION GATE」では、JR「摩耶」駅南口のエントランスを飾りつつ、海側に向かって開けたこの地にふさわしいデザインを追求しました。神戸を彩る自然の美しさと調和する摩耶シティの新たなランドマークをここに誕生させます。

Architect

建築家 光井純

デザイン監修

建築家 光井純

Jun Mitsui &Associates IncArchitect

光井純 アンド アソシエーツ

建築設計事務所 株式会社

光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所代表。東京大学工学部建築学科卒業。1984年よりイェール大学建築学部大学院修了。主な作品/あべのハルカス、東京国際空港(羽田)国際線旅客ターミナル、NHK大阪放送会館・大阪歴史博物館、中之島三井ビルディング、パークシティ浜田山(分譲済)、アーバンドック パークシティ豊洲(分譲済)、SKYZ TOWER &GARDEN(分譲済)、青山パークタワー(分譲済) 、パークシティ南千里丘(分譲済) 他多数

  • 東京国際空港(羽田)国際線旅客ターミナル

  • パークシティ浜田山(分譲済)

あべのハルカス

Design Motif

「波」と「光」からつくり出される煌めき纏う。

やさしく繰り返し打ち寄せる漣(さざなみ)と、それにより生み出される波打ち際のグラデーションは、陽の光で煌く海の美しい風景をつくり出します。そんな煌めく海の表情をモチーフとして建物全体をデザインすることで、美しく煌めく暮らしの舞台としての演出と、自然と調和するデザインを目指しました。

Exterior & Interior Design

豊かな色彩のグラデーションと
微細に煌めく光沢感の外観デザイン。

外観デザインは、色調が微細に異なるオリジナルタイルのグラデーション、ランダムに角度を変えて配置された透明感のあるバルコニーのガラス手摺りなどを巧みに組み合わせ、寄せては返す「波」と水面に煌めく「光」を表現しています。また、南東角部分にはコーナーウインドウをしつらえ、シャープで透明感ある表情を醸成。細部まで粋を凝らしたデザインが、街並みをさらに美しく昇華し、住まわれる方々のこころを誇らしく満たします。
※バルコニーのガラス手摺りの採用は一部となります。

外観完成予想図外観完成予想図

二層吹抜のエントランスホール&オーナーズラウンジ。

建物内に入ると、まず目を見張るのが二層吹抜のエントランスホール。デザインコンセプトとしては「水際の広間」をテーマにしています。ゆるやかに連なる波の形状をイメージした天井が外部に向かうにつれて高くなり、開放感のある空間を演出。モザイク貼りの石材を採用したフロアは、波打ち際の煌めきを表現し、光が導くシークエンスを生み出します。そして、エントランスホールの南側には、オーナーズラウンジを配置。窓の向こう側に見えるのは、地被や低木、景石を配置して水盤を演出した「ラウンジガーデン」。内から外へ、水景のつながりを意識した情景を味わえます。

エントランス完成予想図エントランス完成予想図
※掲載の各完成予想図は設計図書を基に描いたもので、形状、色等は実際と異なります。また施工上の都合、改良、行政官庁の指導により変更となる場合があります。なお、外観形状の細部、設備機器等においては、再現しておりません。この完成予想図で表現されている植栽は竣工から初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。
※共用部の家具・調度品・照明・備品等は計画段階の内容で、今後変更となる場合がございます。共用部をご利用の際は管理規約等に従っていただきます。
  • JR西日本不動産開発
  • JR西日本旅客鉄道株式会社
  • 三井不動産レジデンシャル
18.7.2
モデルルーム好評公開中です。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
18.7.2
モデルルームの写真や、家具レイアウトの例をご紹介しております。ぜひ、ご覧ください。
18.7.2
HPでモデルルーム来場予約ボタンからの、ご見学のWEB予約が可能となっております。日時によっては、満席の場合がございますので、予めご了承ください。